サプリメントで免疫力を高める|病気を予防するコツ

女の人

目を酷使している人に

栄養補助食品

疲労が続くと体調不良に

パソコンやスマートフォンが日常生活で欠かせないものとなっています。これらの液晶画面には、ブルーライトという可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光が多く含まれています。この光は、紫外線に最も近く、網膜に達する光のひとつです。ですから、デジタルディスプレイを使用する場合は、適度に休憩を取り、目に負担をかけないようにする必要があります。疲れ目は、ある程度時間が経つと回復します。しかし、休憩しても目の痛みや充血、かすみ目など目の不快症状が取れない場合は、眼精疲労である可能性があります。悪化すると肩こりやめまい、吐き気など目だけでなく、体に不調をきたすこともあるので、早めに対応するよう注意が必要です。

サプリメントで改善

疲れ目や眼精疲労に効果的なのが、目に良いサプリメントです。目に良いサプリメントには、目の疲れを回復する成分が多く含まれています。ブルーベリーなどのベリー類に多く含まれる、アントシアニンやホウレン草やブロッコリーなどに含まれるルテインといった成分です。アントシアニンは目の働きを高める働きがあります。ルテインは目の機能維持を支え、強い抗酸化作用があるため目の老化を防ぎます。またブルーライトを吸収する働きもあり、目を守ることができます。これらの成分を食事から必要量摂取とルテインならホウレン草1房、にんじんの場合は21本分となります。食事から摂取するよりも、目に良いサプリメントで摂取したほうが手軽です。目に良いサプリメントなら、1日数粒で成分を補うことができます。